なんでも「有」日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 須走ルートで富士山へ

<<   作成日時 : 2015/08/30 22:39   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

H27年8月9日(日)
頂点を極めるべく、道の駅 すばしりへ(9時50分)
画像

道の駅より奥まった所に駐車場があるので、そこまで行って荷物をまとめて
バス亭へGo〜!

バスが出たばかりだったのでタクシーにするか?と悩んでいたところ
タクシーがいない

10時30分のバスに揺られて、五合目須走口へ
山道が狭いのか?バスとすれ違う時はどちらかが止まってすれ違うので
富士吉田口へ行くのとは、違う感じがした。
(観光で富士吉田口の五合目だけ行った事があるので・・・)

須走五合目に到着
200円のおトイレへ
荷物を整えてゆっくり進むと
画像

富士山保全協力金を支払って
バッチとステッカーを頂きました。
夫は2回目。
私と娘は初めてだとお話すると
保全委員の方が詳しくお話をしてくださいました。

見送られていざ!出発
画像

しばらくは樹林帯の中を歩きます
画像
所々葉の色が赤い?
進んでいくと
画像
風の強さが凄いなぁ〜
たてがみみたいに見える木を見ながら進みます。

夏の富士山は人が多いと思っていたのに・・・。
下山してくる人には会うものの、登ります!っていう方が
思ったよりも少ない。??

富士山が雲に隠れて、なかなか見えないけれど
黙々と歩いていきます。
画像

休憩しながら進み
七合目 大陽館 到着(3時ごろ)
画像

7合目に近づく頃から夫と娘に遅れはじめ
一緒には歩けない状態
気持ち悪いかも・・・私・・・。
とりあえず大陽館で休めば大丈夫かな?

大陽館にお世話になるため
説明を聞いていると
6人が寝る所を3人で使えるという
寝返り出来ないぐらいな人の多さだろうと思っていた私には、嬉しい。

さっそくコーヒー(私)とココア(娘)とビール(夫)でくつろぎました。

外へ出てみると
画像

雲海です。登ったかいがありました。
大陽館の夕食です。

画像

豚汁のおかわりをしてお腹いっぱいになった所で
外に出てみると
画像

雲海に富士山の陰

明日の朝はどうしようかと家族会議。
私の歩きが遅いということもあって
朝食の時間よりも前に出発することに決めました。
早く寝なくては!と思いながら
山小屋でゴロゴロしていると
星を観ると夫が言うので、外へ。
流れ星を2つ観ることができました
画像
↑(注)夫の写真借りました。

寝ていると大陽館の外では、登ってくる人たちの声が聞こえて
何時?って思うと11時ごろ。
みんな凄いなぁ〜と思いながらまた寝て
10日の4時ごろ
大陽館を出発します。

進み始めて、夫と娘にはついていけない私
見晴館近くで御来光
画像
これから進む道
画像

八合目にくると下山してくる方の多さにビックリ。
頂上で御来光を見たのだろうか?人の多さにビックリ。
私は、本八合目で気持ち悪さの限界に・・・
小銭を握り締めてトイレに駆け込むの巻

吐いてしまったらスッキリなのだ・・・。
家族のペースに着いていけないけれどなんとか進む私
九合目にくると登山道の端で寝ている人や座りこんでいる人多数

時々気持ち悪くなる私も
休みながら深呼吸して、肺に酸素を送る。
とっくに到着して、私を頂上から見下ろしている
家族の所へGo!
鳥居の所を何とか過ぎて
画像
到着。(8時50分ごろ)写真を撮ったら・・・
また、限界
間に合わないといけないと持参していたエチケット袋を広げて
隅っこで倒れこんだのでありました・・・。
お鉢めぐりは断念して休憩
久須志神社で執印帳に書いていただいて
バッチに
画像
日付を裏に彫っていただいて
ココアを飲んで私が落ち着くまで休憩しました。

剣ヶ峰行きたかったけれど今回はお鉢の近くで写真を撮って
画像

残念だけれど・・・下山します。(10時頃)
画像

気持ち悪かったのが嘘みたい。下山は気持ちいい〜
画像
マスクとサングラス
怪しい親子↓
画像
砂煙を上げて進みます
画像
私たちは須走口へGO!
吉田口との分岐です
画像

砂煙を上げながら爆走する私

画像
もったいないようだけれど
スキーを楽しんでいるかのように進み
砂払五合目(12時50分頃)
画像

登りの気持ち悪さが嘘みたい
画像
到着(13時10分頃)
無事に全員、須走口五合目に到着
自分が出したゴミは、スーパーの袋に入れて
ザックにくくり付けてきました。

バスを待っている間に

こけももジュースときのこのたっぷりの焼きそばを
ペロっと食べて・・・。
今年の夏登山は、無事に終りました。

長い話にお付き合い頂きまして、ありがとうございました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
最高峰を極めたのですね〜
富士山は高山病にかかる方が多いようですが
こんなに美しい雲海と星空とご来光のために頑張れちゃうんでしょうね〜
雲海を眺めながら両手を広げたyu-ariさんの姿がとっても気持ち良さそうです。。。
mikko
2015/09/01 00:10
こんばんは
富士登山お疲れ様です。
私もいつか登りたいと思いつつ
まだまだ体力がつかないです。

剣が峰と御鉢周りは残念でしたが
またの機会にぜひ周ってくださいね。
次へのお土産がある方が
いろいろ楽しめると思うんです(^−^)

無事の下山で良かったですね☆
まめたろう
2015/09/01 00:33
mikkoさん
ありがとうございます。
本当は、気持ち悪いと感じたところで中止なのかもしれないのですが、なんとなく気持ち悪いなぁ〜という状態で8合目まで行ってしまい。吐いた後、スッキリして頂上をめざしてしまいました。
無理は禁物ですね
下山は気持ちよくて、駆け下りるかのように須走口へあっという間にいってしまいました。
mikkoさんのブログ、また楽しみにしています
yu-ari
2015/09/06 16:08
まめたろうさん
ありがとうございます。
次へのお土産は色々あるのもですね
まめたろうさんの写真、とても綺麗に撮れていてどの写真も素敵ですね。
また、お邪魔させていただきます。
yu-ari
2015/09/06 16:13
すごいね 登山記読んでるだけで高い山なんだなぁ〜〜って感じたよ
空気薄かったりするから気持ち悪くなるのかな?
のん気なルックスに描かれる事が多い山だから日本一高い山って事忘れちゃてたけど改めてすごい山なんだねぇ〜〜
まるおお
2015/11/19 23:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
須走ルートで富士山へ なんでも「有」日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる